So-net無料ブログ作成

”政治家”ってのは ”バカ”なのか?

まずは記事から‥

****************

原則全ての関税撤廃を目標に米国など9カ国が交渉中の環太平洋連携協定(TPP)について「(関税撤廃の)例外は極めて限定的だが、最終的には交渉次第」と、政府が全国各地で開催する説明会「開国フォーラム」の資料案に明記していることが21日、明らかになった。高関税で保護しているコメなど農産物の一部が、関税撤廃から除外される可能性を示唆して、農業関係者の理解を求めたい考えだ。
 開国フォーラムは、政府が6月にTPP交渉に参加するかどうか結論を出す前に、さいたま市を皮切りに今月26日から全国9カ所で開催する。
 資料案によると、「あらかじめ特定セクターの自由化を除外して交渉に参加することは認められない」として、交渉入りの段階では日本としても「原則関税撤廃」を掲げざるを得ない立場にあることを明示。その上で、交渉によって関税撤廃の例外を勝ち取る可能性を示している。
 また、「原則全ての関税の撤廃を目標とするが、段階的な撤廃は認められる」として、関税撤廃となる品目も、最長10年で徐々に関税が引き下げられ、国内への影響は抑えられると改めて強調している。
 一方、懸念材料としては「交渉参加に当たって、2国間の懸案への対応を求められる可能性がある」と指摘。TPP参加国のオーストラリアとの経済連携協定(EPA)交渉で要求されている牛肉、乳製品、小麦、砂糖の市場開放を余儀なくされる可能性などを示している。

****************

なんで 大きな目標である"米自由化"に回避策があるもんか‥

苦肉のさくでひねり出した今回の方針に同調する米農家なんていないでしょうなあ‥^^;

ここで耕作するのは”米農家”の意欲でしょう? 「うまい米を たくさん作ってくれ!」大規模生産ではできない米ってのがあるはずでしょう?

昔ながらの米の生産‥

ここで 海外からの”汚染物質”なんてのは排除できる可能性は秘めてませんか?

たとえば 明らかな汚染物質の飛来からカドミュウムの問題を提起したら?

もっと 情報やデータの蓄積から攻め方はあるはずなのに なんでしないのでしょうか‥

国内経済が隣国に頼ってるのは解りますが あまりにも理不尽な”隣国”なら 理論武装して叩きのめして正論を世界にアピールするのもまた国民はうなずけるはずです^^;

尖閣に”自衛隊”って話になると 国民一致でOKを出すでしょうにね^^;

できない内閣はさっさと尻尾を巻いて逃げ出したいでしょうね^^;

 

 

 

今日はこのあたりで‥

お休みなさい


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog